就転職に強い資格
通信講座でゲット!
ケイコとマナブ通信講座

秘書技能検定

秘書技能検定

秘書技能検定準1級合格の定義は、秘書の職務について理解を持ち、専門的な秘書業務に関しての知識、技能を発揮することができることとされています。
〜大原学園〜
資料請求はコチラ


●○●○●○●○●○●

秘書技能検定

出題形式と審査基準

準1級の審査基準

●○●○●○●○●○●

秘書技能検定準1級合格の定義は、秘書の職務について理解を持ち、専門的な秘書業務に関しての知識、技能を発揮することができることとされています。

つまり、知識・技能においてよりレベルの高い力を発揮出来るかどうか、秘書の一般的な水準を超えた上級秘書の入口レベルということです。

筆記試験では「一般常識」というレベルではなく、社会常識や時事問題、経営学や簿記などの知識も求められます。

筆記試験合格者には面接試験が行われます。

実践的で実務に直結する技能を求められます。

秘書の実務経験や社会経験がない学生で準1級を取得している人もいますので、勉強次第では学生でも合格の可能性はあります。

●○●○●○●○●○●

出題形式と審査基準 MENU

●○●○●○●○●○●

友達に教える

©秘書技能検定
AX